意味のない換気

意味のない換気

部屋の換気って結構重要だったりしませんか?
やっぱり空気を入れ替えるとなんとなく気分が変わるような気がするんですよね。
換気をちゃんとしていればホコリとかもそんなに溜まらないなんて話も聞きますし。
だから結構積極的に換気をしてるんですけどこれまで気が付かなかった重大な事実を発見しました。
基本換気をする時は換気扇を回して窓を開けておくと部屋の中を空気が循環する感じが
するのでそうしていたのですがこの前ふとベランダにいたら換気扇で吸った空気が
出てくる場所を初めて知りました。
それがなんと通気口の真上にあるわけです。
通気口は部屋を閉め切って換気扇を回した時に酸素不足にならないために付いている
わけですが、このポジショニングだと換気扇で吸った空気がすぐ下にある通気口から
また部屋の中に入ってきちゃうという驚きのシステムになっていたわけです。
普通もうちょっとこの辺のこと考えるでしょ?と見た瞬間突っ込んでしまいました。
ベランダが一つしかないので構造を考えると配置する場所は結構難しいことは
わかるんですがせめてもうちょっと考えられなかったのかと思ってしまうわけです。
真下って?
まあ通気口を閉めてちょっと窓をあければ済む話なんですけど窓を開けると冬場は

結構すぐに部屋が寒くなってしまうのでその辺の調整も難しかったりするんですよね。
スルスル酵素